YAMAHAスマート農業の発展に拍車をかけるドローンを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この度ヤマハ発動機株式会社は、農業用マルチローター(通称ドローン)のラインアップに、「自動飛行」が可能な「YMR-08AP」を加え、2020年3月に発売することを発表しました。
この「YMR-08AP」は、自動散布(オートパイロット)による省力化、専用ソフト「agFMS」※1 による簡単なルート作成を通じた効率化、高精度ルート追従による作業性向上など「自動機」ならではの機能・性能を備えたモデルです。

2019年3月に発売開始した「YMR-08」同様、1回のフライトで1ヘクタールの連続散布※2 が可能で、当社産業用無人ヘリコプターに匹敵する高い散布品質を実現しています。加えて、液剤散布装置の散布幅を4m から5m、自動機本体の速度と連動する散布速度を15km/h から20km/h に変更することによって散布性能を向上※3 させました。
粒剤散布装置の取り付けも可能で、内部ローラーを交換することで幅広い適用剤の散布要望に応えることができます。
※1 Agriculture flight management system の略。農業に特化したアプリケーションを指す。
※2 平地での連続散布を想定。圃場条件により異なります。
※3 1ヘクタール当たりの散布時間を約4分短縮。圃場条件により異なります。

当社は、製品のみならず、スマート農業支援プラットフォーム「Yamaha Motor Smart Agriculture Platform」(YSAP)を展開しており、同じくスマート農業に取り組む企業との提携を通じて、生育状況に応じた最適なタイミングにおける防除や追肥作業の計画管理も提供しています。
農家や営農指導員の作業効率化を促進し、蓄積されたデータに基づいた高効率・高精度な防除・追肥作業を実現することで、より付加価値の高い農業経営の推進とスマート農業発展への貢献を目指します。

■YMR-08AP(自動機)で実現できることの主な例
1. 高精度な測位が可能となるRTK 方式を採用
2. 専用ソフト「agFMS」による二つの簡単ルート作成
①基準局・測量モジュールによる散布ルートの自動生成、飛行軌跡の保存が可能
②MAP 上での散布ルートの自動生成、飛行軌跡の保存が可能
3. 散布ルートによる圃場内飛行(加速/減速域含む)
4. 枕地散布不要なルート設定
5. GPS 制御不可時の位置保持機能(ホバリング) ほか

■YMR-08 と共通する特徴
・農薬を、作物の根本まで届けるダウンウォッシュ(下降気流)性能
・オペレーター操作の負担軽減と散布精度の均一化を目的とした3 種類のフライトモード選択機能
※ノーマルモード、自動クルーズコントロールモード、自動ターンアシストモード
・国内メーカーと専用開発したジャパン品質のバッテリーとモーター
・スピーディーな交換作業ができるカートリッジ式のバッテリー
・衝撃低減、飛散防止を図るカーボン製ハイブリッドローター
・作業車に簡単に積み込むことができる可搬性に優れた折りたたみ式のコンパクトな機体設計
・造形美と機能美が融合した所有する喜びを感じられる機体デザイン

■新サービス「バッテリーレンタル」の取り扱い開始
このたび、YMR-08AP の発売開始とあわせて、対象バッテリーのレンタルサービスを開始します。
(YMR-08 も対象) バッテリーの保管場所や保管管理の煩雑さを解消するとともに、当社による一年に一回の品質チェック、メンテナンスに合格したバッテリーは、シーズンを通して、その性能をフルに発揮することが可能です。
農業現場におけるスムーズな作業を実現します。また、新規導入をご検討のお客様には、農業用マルチローター導入のコスト削減メリットがあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る