日本初!ハウステンボスで夜間ドローンレース開催!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
ハウステンボス

まだまだ実際に観戦したことがあるという人は少ないと思いますが、ドローンの知名度が上がるのと比例するようにドローンレースの開催も最近では増えてきています。

そんな中、2017年2月17日(金)、18日(土)、19日(日)に一般社団法人日本ドローンレース協会とハウステンボス株式会社による、日本初の夜間ドローンレース「ジャパン・ドローン・チャンピオンシップinハウステンボス」が開催されます。

暗闇に浮び上がる煌びやかなコースで行われる白熱のバトル!

同レースは、ハウステンボス内のオランダ宮殿をモデルに建造した「パレスハウステンボス」の西洋風庭園をレース会場とし、LEDイルミネーションのコースで行われます。夜間のLEDコースで開催されるドローンレースとしては日本初となり「観光都市×ドローン」という、ドローンの可能性を追求をするとともに、新たなエンターテインメントを提供します。

ハウステンボス

また、2016年12月11日(日)に日本ドローンレース協会(JDRA)が主催する「全国ドローンレース選手権」における上位入賞者が完全招待されて行われるため、その他の大会よりもレベルの高いレースが展開されることが期待されます。ドローンレースを初めて観るという人にはこの上ない環境なのではないでしょうか。

ドローンレースは面白い!

ドローンパイロットドローンがビジネスで使われたりするのは知っていたけど、レースまで行っているのは知らなかったという方のために、ここで簡単にドローンレースというものがどのようなものかご紹介しようと思います。

まず、レース用のドローンは時速150kmを超える速度でコースを駆け巡り、パイロットはヘッドマウントディスプレイ(FPVゴーグル)を装着し、機体に搭載されたカメラの映像を見ながら鳥になったような視点で操縦を行います。小回りが利くようにセッティングされたドローンは、F1のような高音を響かせながら目の前を通過したかと思えば、いきなり急カーブや急上昇をするため見所も沢山あり、初めてでも十分楽しめます。また、機体にはLEDライトが取り付けられていることもあり、昼間よりもある程度暗い環境のほうが相性が良いため、今回の大会はエキサイティングな近未来型エンターテインメントを特に感じることができるでしょう。世界には賞金総額1億の世界大会も行われるなど盛り上がりを見せているだけに、この機械に運んでみては如何でしょうか。

※ドローンレースがどのようなものか映像で見たいという方はこちら。世界各国で行われている様々なドローンレースを動画で見ることができます。

イベント概要

大会名:第3回 ジャパン・ドローン・チャンピオンシップ in ハウステンボス
主催:ハウステンボス株式会社、一般社団法人日本ドローンレース協会(JDRA)
日時:2017年2月17日(金)、18日(土)、19日(日)
会場:(レース)パレスハウステンボス(空撮コンテスト)ハウテンボス場内全域
観戦:パレスハウステンボス入場者は観覧自由
内容:
  1. FPVドローンレース
  2. Non FPVドローンレース
  3. 空撮コンテスト

それぞれ一般参加が可能です。

URL:
https://www.jdra.or.jp/events/2017/0217-japan-drone-championship/
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*