ドローン活用

flighthub main
その他

DJI、ドローン業務を効率的に管理するFlightHub発表

民生用ドローンで世界7割のシェアを誇るDJIは、企業やドローンサービスのプロバイダーを対象に、単一プラットフォームでドローンの効率的な業務管理を提供する「FlightHub」を発表しました。FlightHubは、ドローンの飛行オペレーションからフライトデータ、パイロットやフリート(航空隊)のリアルタ……
  • 続きを読む
    テラドローン、日立建機
    建設

    日立建機とテラドローン、複数事業者による運行管理実証に参画

    日立建機株式会社(以下、日立建機)とテラドローン株式会社(以下、テラドローン)は、一般財団法人総合研究奨励会日本無人機運行管理コンソーシアム(Japan UTM Consortium:以下JUTM)が主催し、福島県南相馬市にて実施された、複数事業者が同時に行う無人航空機(Unmanned Aeria……
  • 続きを読む
    YMR-01
    農業

    無人航空機の先駆者ヤマハが遂にドローンを発表

    ヤマハ発動機株式会社は、幕張メッセで10月11日から13日に開催される「第4回国際次世代農業EXPO」において、2018年販売予定の産業用マルチローター式無人航空機(ドローン)のプロトタイプ「YMR-01」を参考出品すると発表しました。二重反転ローターの特徴を活かした設計と、軽量カーボン製ボディによ……
  • 続きを読む
    エンルートラボ防災訓練
    その他

    沖縄総合防災訓練でドローン、運行管理システム、AI等を検証

    株式会社エンルートラボは、沖縄県総合防災訓練に参加し、EMiST(Emergency Medical Infomation Surpport Team)協力のもと、ドローンや無人車両、AI活用の有効性を検証したと発表しました。 検証内容 今回の訓練で検証された技術は以下の2点。 ……
  • 続きを読む
    信州大学ドローン
    その他

    人工衛星の技術をドローンに応用し、松くい虫被害状況を把握

    信州大学と、学内ベンチャーで発足した精密林業計測株式会社は、国産ドローンの開発・製造・販売を行う株式会社エンルートM'sと協力し、国内初となる、産業用ドローンを使用した「松くい虫被害対策」の実証実験を、9月25日に実施することを発表しました。実験は、松くい虫被害が問題となっている長野県伊那市で行われ……
  • 続きを読む
    有線給電ドローン2
    エンターテイメント

    ソニー、長時間飛行と非圧縮映像伝送可能なドローンシステムをエアロセンスと構築

    ソニービジネスソリューション株式会社とエアロセンス株式会社は、有線給電方式の高画質ドローンを用いたライブ撮影システムを構築したことを発表しました。既にこのシステムは、2017年8月20日、静岡放送株式会社の主催イベント「超ドSフェスタしずおか」の音楽番組にて初めて運用され、撮影された映像は、9月2日……
  • 続きを読む
    東芝・アルパイン
    点検・測量

    ドローンで送電線を巡視・点検 今後は異常個所自動検出も

    2016年9月にドローンサービス事業の提携を合意した、東芝デジタルソリューションズとアルパインは、関西電力の協力を得て、ドローンを活用した電力インフラ巡視・点検を目的とした架空送電線の自動追尾飛行と自動撮影の実証実験に成功したことを発表しました。 電力インフラの巡視・点検の課題 現在、電力イ……
  • 続きを読む
    日本郵便・サムライ
    その他

    日本郵便、ドローンやAI活用の配送に向け公募開始

    4日、日本郵便と、ベンチャーキャピタルのサムライインキュベートは、日本郵便初となるオープンイノベーションプログラム「POST LOGITECH INNOVATION PROGRAM」の開始を発表しました。また、専用のWebサイトを公開し、スタートアップ企業の募集も開始されています。 本プログラムで……
  • 続きを読む
    エアロセンス
    その他

    全国初、固定翼ドローンによる輸送実証実験を福岡で実施へ

    固定翼タイプの無人航空機(ドローン)を使い物資を離島へ運ぶ実証実験が福岡市で行われることが発表されました。 固定翼タイプのドローンを用いた輸送実験は国内初の試みで、成功すればドローンを使って離島や山間部等へ迅速に物資を運ぶ事ができる未来が現実味を帯びてきます。 実証実験概要 この実証実験は……
  • 続きを読む
    drone
    点検・測量

    コマツとオリックス・レンテックが測量業務支援サービス開始

    コマツとオリックス・レンテックは、ドローン事業で提携し「3次元測量業務支援サービス」を10月より開始することを発表しました。 このサービスを利用することにより、測量会社が新たにドローンを導入し、3次元測量業務を行う際に伴うイニシャルコスト軽減や時間・労力・システム投資の負担軽減、ソフトウエアの陳腐……
  • 続きを読む
    Terra-Mapper
    点検・測量

    テラドローンの画像処理ソフトによりコスト1/5カット

    テラドローン株式会社が、ドローン専用の画像処理ソフト『Terra Mapper』のクラウド版・デスクトップ版の開発を完了・販売を開始したことを発表しました。同製品により、従来ドローンの自動航行、画像処理、三次元画像解析等の作業フローは複数のソフトを必要としていましたが、一つのソフト上で行うことができ……
  • 続きを読む
    DJI
    その他

    DJI、「オフラインモード」の追加でセキュリティー強化へ

    民生用ドローンの市場で世界シェア7割を誇り、ドローン業界をリードしているDJIは、機密性の高い政府や企業顧客向けに、データのプライバシー保護を強化するため、操縦アプリからインターネット通信を停止できるローカルデータモードを開発していることを発表しました。 ローカルデータモードのメリット・デメリット……
  • 続きを読む
    ローソンファーム2
    農業

    ローソンファーム新潟で農業用ドローン実証実験

    株式会社ローソンと特例農業法人ローソンファーム新潟は、大規模農業の改革拠点として国家戦略特別区域に指定されている新潟市と、農業用ドローンの取り扱いと操縦教習所を展開する新潟クボタと連携し、農業用ドローンによる水稲の薬剤散布の実証実験を開始しています。 ローソンファームとは ローソンファームは“北……
  • 続きを読む
    169MHz帯ドローン
    その他

    来るロボット社会の為の新周波数でドローン制御に成功

    情報通信研究機構(NICT)と産業技術総合研究所(AIST)は、革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の「タフ・ロボティクス・チャレンジ」の一環として、ロボットやドローン用の新たに制度化された周波数、169MHz帯を使ったドローンの遠隔制御飛行に成功しました。政府は2020年頃までに、目視外で……
  • 続きを読む
    ユニセフマラウイ
    その他

    ユニセフ、ドローンを活用した輸送テストを活発に推進

    南太平洋のバヌアツ政府とユニセフ(国連児童基金)は2017年8月からドローンによるワクチンを届けるテストを実施します。 太平洋地域で初となるこの試みでは、ドローンでバヌアツの遠隔地のコミュニティに命を守るワクチンを届けるテストを実施し、ドローン輸送の能力、効率、効果を検証します。 バヌアツは……
  • 続きを読む